スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

Italy GP FP&Qualifying

ジェラルド・バトラーの歌声にメロメロになって昨日は結局F1モードに戻れなかった水之重ハルですこんばんは。
彼の歌声を聞いてると美女と野獣を連想するのはワタシだけですかそうですか。
とりあえずHey Hey My My Yo Yoでジェラルドを吹き飛ばしてF1に無理矢理戻ってみました。

金曜プラクティスにて兄クラッシュ(RAIの動画)
エンジン交換は無しだったんで良かった良かった。

諸事情でFP3の前半は見れないままメッセを立ち上げていたら、いきなり"ニックどうしたんですか!?"とメッセが飛び込んできてびっくりしました。
LT見てみたらホントにニックがいなくてアントニオが走ってるじゃないですか!
ニュース漁ってみたらどうやらニックは先日のモンツァテストでのクラッシュで背中を痛めてたらしく、体調が優れない(頭痛?)のでアントニオが代打で出走してたんですね。
アントニオが表舞台に立ってるのは嬉しいんですが、事情が事情なだけに全開で喜べない(苦笑)
それにしても、元ジャガーの因縁コンビ復活ですね。
何事もなくGPが終わると良いんだけど(笑)

さてさて、別格の兄ですが(懲りてない)、FP3から恐ろしい攻め具合でした。
マシンの状況がそうでもしないとどうにもならないんでしょうが、そんな攻めてる兄をみて、あぁ好きだな〜とか思ってみたりしてました。
どんな状況であれ、鬼モードの兄が大好きです(笑)

でもってアントニオ。
アントニオの映ってるシーンとか車載カメラとか見てると、妙にカタカタ跳ねてたのは気のせいじゃないですよね(笑)
ものすごく乗りにくそう・・・;;
マークの方は注視してなかったんで良くわからないんですが、ウィリアムズって2台ともこうなんですかね。
(タイム差はアントニオ久々復帰だからって事にしておこう)
あとはトヨタのヤルノですが、ロッジアでの縁石もキレイにこなしてたしなかなか安定してていい感じです。
モナコ後に練習したのか(爆)
他にもタクがいきなり3位に食い込んできたりでわいわいメッセしてたんですが・・・マクのあの異常な速さに一瞬にして気おされてしまいました(笑)
ということでFPの結果。
モンツァFP3

モンツァFP4

長いんで予選はこっちで↓
続きを読む >>

Italy GP Final

非常に楽しいレースでした。
兄がノーポイントだった事を除けば。
ヤルノが快調にスタートを決めたと思ったら兄出遅れて、タクにかわされたと思ったら、ケロにまでかわされてるし。
でもってヤルノもその二人にかわされて・・・;
ナノはモン太に置いていかれるかと思ったら、意外と食いついてて良い感じでした。
モン太が手加減してたからかもしれませんが(引き離そうと思えばもっと速く走れたと思う)
グリッド降格で11番目からスタートしたキミは、何故か見事にジャックが抑えてくれてたんで、ジャック頑張れーと応援してたんですがそのうちにジャックがピットイン。
前が開いたから今度はラルフに襲いかかるキミ。
と、そこでナノがピットイン。
ここでのラルフが凄かったー!
ナノのピットアウトに合わせて、キミと自分の間にナノ入れちゃうんだもん。
面白い事仕掛けてくれるなあ!!
多分、このレースで一番興奮した部分ですよ、ここ。
タク3回目のピットストップの時の番長のフーリガン行為(爆)(ピットレーンをタクと並走)も驚きましたが(笑)
ファンに怒られそうだからここだけ白字。
残念だったけど、個人的に面白かったのがキミの度重なるトラブル。
エンジン交換したら今度はタイヤですか。(ついでにロッジアでのスピンも)
1ストップ作戦がここに来て災いをもたらしたのか。(重くてタイヤに負荷がかかってたのか、それとも激しく攻めてたからタイヤが持たなかったのか)
このままキミが追い上げてマクの1-2であっさり終わっちゃうのか、と思ってたので、あの飛びぬけた速さを存分に見る事ができて楽しかったです。

そんなこんなでポイント圏内の争いに盛り上がりつつ、もちろん下位で延々続いてたマーク、DC、JVの三つ巴対決にも盛り上がってました(笑)
そういやタクの給油トラブルはホント残念でした。
今回は割と良い結果が残せそうな感じだったのになあ。
あの給油機、FIAから売りつけられる2400万くらいする物らしいんですが、値段の割りによく誤作動起こしてませんか(爆)
最後の方のモン太も、タイヤトラブルが出た後も走りきったのは見事でした。(まあ、ルノーに1-2持ってかれるのが嫌だからピットに入れなかったのかもしれないけど)



で、終わってみたら上の結果なんですが、トヨタWポイント獲得で、ポジションもマク、ルノーに続いてだから望める範囲内で一番良い結果残してるし、久々にレース復帰したアントニオもポイント圏内でフィニッシュできたし(しかもマークがポイント圏外ってのがまた嬉しい)、ナノもやるべき仕事を完璧にこなしてるしですっかり満足・・・と行きたい所だったんですが・・・
やっぱり兄がポイント一つも獲れなかったのは悔しいわ。
しかも最後の方、どんどんラップタイム落ちてきて気づいたときにはマッサに抜かれてたし。(タイヤか?)
ニュースサイトにはシューマッハはトラックをはみ出したことで彼のクルマとレースチャンスにダメージを与えた。ってあったんですが、いつだろう・・・(見てなかった)
これってやっぱり疫病神がいたからですか(爆)
続きを読む >>

Belgium GP FP

大雨でめちゃめちゃだったとか・・・
ちょっとニュースサイト見てみただけですが、特にこれといったことは無さそう。

そういえば、某ニュースサイトでは兄が弱気モードとか書いてあったのに、MSN動画ニュースだと優勝を狙うシューマッハーって書いてあったんですが。
ついでに動画のナノは鼻の下にダンディ髭が生えてたような気がしたのは気のせいですか。
とりあえず動画はココ。 (上手くつながるのかな・・・)

さて、予選には間に合うように仕事頑張ろう。

Belgium GP Qualifying

ものの見事に間に合いませんでした。
予選後プレカンが終わった頃に家に着きました。
ああ、切ない。

キャプチャ取る暇が無いんで結果はリンクで。

とりあえずビデオで予選だけは見ましたが(半分くらい寝てたけど)、ミナルディが2台ともジョーダンより上なのにちょっと笑っちゃいました。
コスワース調子良いなあ。
マクもイルモアじゃなくてコスワース積んだら、10グリッド降格はきっと避けられるのに(爆)
モン太、走行前にエンジン交換できてよかったねえ。
つーか、やっぱりキミの後はモン太にマクの悲劇が降りかかるのか(爆)
まあ、個人的にはここではマクに勝ってもらいたいんですが。
鈴鹿でナノのタイトル確定が理想なので(あくまで自己中心)
フィジコのグリッド降格は予選が良いだけに残念。
ナノはヤルノより遅いんですか。
燃料多めに積んでるの?(FP見てないんで分からない・・・)
ヤルノもいいグリッドを確保できたことですし、この勢いで表彰台上がれたらなーとか夢見ても良いですか(笑)
兄は・・・明日雨降ると良いなあ・・・(爆)

・・・明日こそ間に合うように帰ってこれるよう頑張ろう。

鮫肌の内側から

Belgium GP Final

今夜は間に合いました!
・・・が、この脱力感は何なんでしょう。
何度「星に帰らせて・・・」と呟いた事か。

ということで結果です。




スタート後、やっぱりマクが2台先行するも、ヤルノが頑張って後を追ってるんですよね。
ナノがヤルノの1秒落ちだと思ったら、気が付いたらヤルノの方がマクより速かったんですよ・・・
兄も良い感じにナノを追っかけてるわけですよ。
BSの方が不利だろうに・・・
さらにタクもジャンプアップでグングン追い上げてきて兄VSタクなシーンまで。
フィジコも最初順位を落としたんですが、ナノより速いペースで順位を上げて、これはいいとこ行けるかもとか思ってたんです。
で、ラルフがあっという間にピットイン・・・の直後にフィジコがクラッシュ。
SCが入ったスキにモン太がピットイン。
キミがいやらしいほどにペースを落としてコントロールしながら、皆を先導して続々ピットイン。
ここからが悲劇の始まりでした。
ラルフ先に入っててよかったねえ、やら、ジャックは入らないの?やら話してたら、ドライでピットを出てった失敗組が続々戻ってくるじゃないですか。
兄もアントニオもきらさんのマークもetc・・・ヤルノは大丈夫かと思ってたら、1週遅れでピットに戻ってくるし。
この時点でもしや・・・と思ったりもしたんですが、やっぱりトヨタはマイクじゃなくてガスが指揮を取っていた模様・・・
マイクなら他のと一緒に1周で戻したと思うのね。
ヤルノに代わり、今度はラルフがモン太とバトルして良い感じになってたら、次の給油の時にドライ選択してピットアウト直後にスピン、ピットへ出戻り。
表彰台いけると思ってたのに。
ヤルノはヤルノで"前を行く他車がターン7で予測できないほど早めにブレーキングしたため、それを避けようとしたヤルノはコースアウトしタイヤバリアに激突。(上記リンクより)"だし。

話は戻って、SCが抜けた後、さあこれからだ!と思った瞬間タクが兄にがっつーんと・・・
今回タクがジェンソンより上位に来ていたので、それなりにタクも応援してたんですよ。
やっぱジェンソンより良い結果残さないと現状では認めてもらえないわけだし。
そんな時にこれってアリなの?
今回ばかりはタクを庇えない・・・というか、ワタシは兄ファンなんで、せっかく兄が頑張ろうとしていたところをタクに潰されたのがやっぱり許せない。
自分でチャンスをフイにしたタク自身にも怒りを感じたんですが、それ以上にねえ・・・。
これが兄以外だったら"タクらしい"の一言で片付けちゃうんですけどね。
一気にアンチへ逆戻りです。
追突されたあと、くるっと回転してタクも道連れにした兄に拍手。(や、わざとじゃないとは思いますが)
猫パンチには萌える余裕もなく怒り狂ってました。
ぶん殴っててもおかしくなかったと思いますよ、あのシーン。
次戦、タクは10グリッド降格かー・・・ふーん・・・
そういえば去年はここで兄がタイトル決めたんだよなあ・・・(遠い目)

さてさて、兄もヤルノも不運でしたが、まさかアントニオまで消えるとは予想外でした。
何で本番でタイヤテストするかねーと思ってたらそこそこ速くて、まあいいか、と思った矢先にモン太と接触ですか。
どうもモン太の方が"ヤツは周回遅れだから"って気を抜いてたのが原因っぽいですが。
(アントニオだけ罰金食らったらしい)
ニックが今週末、ちゃりんこに乗ってたらバイクと接触して肩を痛めたらしく、どうも今期復帰は絶望的かもしれないんで、残り3戦は良い結果を残してもらいたいもんです。

今回の唯一のなぐさめはモンテイロが自力でポイント獲った事くらい?
ジョーダンなのに途中で58秒台とか出してたしね。
ジョーダンといえばナレインが飛んだのは面白すぎでした。
ナレイン節炸裂。
キミのファステストもかすんで見えました。
ザウバーは前回に続きジャックがおいしい演出をしてましたが、マッサは微妙・・・
2分台タイムだったしな。
これを来期フェラーリでやらないで欲しいわ。

そんなこんなで、随分がっくりきたレースでした。
無駄に長くなっちゃった・・・
続きを読む >>

Brazil GP Qualifying

・・・見ちゃった・・・(ダメ人間)



さすがにFPは見てないんですが(忘れてただけですが)、予選はビデオセットしにいったらつい見てしまいました。
調べ物のためにPC立ち上げたんで、ついでに気になった点だけメモしておくことにします。

・カメラ、新導入されましたよね!?(そこからかよ!)
ピットロードの出口に向かうところとS2のヤツ。
去年は確か無かったと思うんですが。
あのカメラアングル面白くて好きー。

・ヤルノ、エンジン交換でグリッド降格
新エンジンで逝っちゃいましたか。
うーん、10も下がるのは痛いなあ・・・

・兄はクリエンより下
DCがあの結果だったんで、クリエンもその程度だろうと思っていたら(FP見てないんで良く分からないんですけどね)、気が付いたらクリエンの名前が兄より上にあるじゃないですか。
ちょっとびっくり。
あとひとつ驚いたのが、モンテイロがウィリ2台より前なんですよね(笑)
モンテイロ自身のタイムも前後のウィリやトヨタ、ザウバーと遜色ないですし、上手く仕上げてきたって事でしょうか。

キミのミスは残念でした。
ここまで来たならタイトル決戦は鈴鹿でやって欲しいんですけどねえ。
あ、明日は雨で荒れるんだった!そうだった!!(爆)

ギャ、試験まであと7時間しかない!!
昼寝とか夕寝とかしてたんで勉強進んでないでーす!!(最悪)

本家ですが、さっき覗いてみたら22232番でした。
いつの間に22222hit超えたんだ・・・
みなさんいつもありがとうございます〜〜
続きを読む >>

Brazil GP Final

ナノ、タイトル獲得おめでとう!
ミナルディ時代はぽってりした若い子がいるなー程度に思ってたけど、ルノーに来てからヤルノとじゃれあってる画像を見て、初めて固体認識しました(笑)
厳しいF1の世界で長く生き残っていけるかも、と感じたのは03年のマレーシア。
同年に初めて優勝した姿をみて、これはいける!と感じました。
いける!が"もっと伸びる"だったのか"若手でタイトル獲るならナノ"だったのかはもう記憶に無いですが、キミやモン太がもてはやされてた時も、何故か彼らがタイトルを獲る事には否定的でした。
どこかにナノと兄とに共通する部分を見つけたからでしょうか。
ホント、兄以外が獲るんならナノだと思ってたよ。
できればあの雄叫びをナマで聞きたかった。(鈴鹿の席、F1だけど)



ナノがチェッカー受けた瞬間、タイトル争い自体が兄の次の世代に移っていたんだなーという実感を今更ながらにしましたね。
これまでのタイトル候補者はVS兄という構図で戦っていたような記憶ばかりあるので、今回のナノは、若いタイトル候補者たちに勝った、という位置づけから、今はどうしても出る事ができません。(今後認識が変わるかもしれませんが)
確かに今年、兄の足を引っ張っていたのはマシンですが、F1はドライバーを含めたトータルパッケージで争う競技なので、結果的には兄はナノに負けたことになります。
が、今年は兄との直接対決があまり見られなかったような気ばっかりするので(サンマリノの攻防はすばらしかったですが)、負け惜しみじゃないですが、ワタシの中ではVS兄(ドライバーとして)は来期に持ち越しです。
兄だってこのまま黙って引き下がるタマじゃないですし。
むしろ、これに刺激されて、さらに若返って来そうだし(爆)
兄自身はいつもエンジン全開なはずなので、早くマシンが追いついてくれる事を願いたいと思います。(鈴鹿、中国で新スペック投入らしいですが、そっちは期待できるのだろうか・・・)

そういえばナノはリアタイヤにトラブルを抱えていながら、チームに内緒で走りきったらしいですね。
やっぱチャンピオンの器ってのはこのくらいガッツというか、ミラクルを呼ぶ力が無いとね!
ポディウムの(3位だけど)真ん中で、おもむろにシャンパンを掲げて足元に置いたトロフィーカップに注いで飲む姿は、ハッとするほどかっこよかったです。
あのぷにぷにがこんなに精悍に・・・と、思わず昔のルノー合宿で腹の肉(太股だったっけ)をつままれてる姿を思い出してしまいました。
ヒネたファンでごめん・・・(爆)

なんだか、とても嬉しいはずなんですが、妙に淡々としてます。
やっぱりワタシの一番は兄なので、微妙な気分なせいなんだと思います(笑)

とりあえず、ナノに関して(ついでに兄についても)書きたいことは書いた気がするんで、残りのレースに関してや、他の贔屓ドライバーに関してはまた後で書き足します。
蓋タクは恨んでも恨んでも恨み足りない・・・(爆)

Japanese GP Final

待ちに待ったレースは、スタート直後に赤いマシンがいきなりコースアウトで思わず悲鳴を上げましたが、目の前を赤いヘルメットが通過していったので一安心しました。
兄もナノもジャンプアップで一気に詰めて来てやっぱり来るとことが来たなあと思っていたら、タクがヤルノに・・・
また!?またなの!!??
こないだ兄にヒットしただけでは飽き足らず、今度はヤルノにヒットですか。
後から審議中の文字がモニターに出てましたが、何でヤルノがここで終わらされなきゃならないの!でもって、何でタクは生き残ってるの?!とぎゃあぎゃあ文句垂れてました。
失格処分でもまだ怒りは収まらないわ。
後から地上波のビデオ見たときも、ナノが130Rで兄をオーバーテイクした時に"信頼関係があるからこそここで抜ける"って言ってましたが、まさしくその通りだと思います。
もしタクが1年目のルーキーならそこまで騒ぎませんが、何年も乗ってるプロとして、命を掛けるレースでのキープすべきラインは他のドライバーと共有してなければならないと思います。
そうでないとレースは成り立たないですし。

その他の点に置いては大満足のレースでした。(アントニオのリタイア除く)
1コーナーでのオーバーテイクの数々も見れたし、兄のナノとキミを抑えた衰え知らずの走りもしっかり見たし。
確かに今年の兄にはこれまでの運気の無さは感じます。
時代がいつの間にかナノやキミ達に移った事もひしひしと感じてますが、これでやっと兄と他のライバルたちが同一線上に並んだ気がします。
来期が兄の最後だろうと腹は括ってますが、ここで引き下がったまま引退はして欲しくない。
何としてでも来期はルノーやマクに太刀打ちできるマシンを引き下げて、同等に張り合う見事なレースで幕を閉じて欲しいです。

ナノの2度も兄をオーバーテイクした事は、ホントに見事でした。
兄がワールドチャンピオンの座を奪われた事を微塵も後悔させてくれない、チャンピオンらしい素直に応援できる走りで、彼を応援していて良かったと心底思いました。
ラストラップでキミがフィジコに素晴らしいオーバーテイクをかましてくれましたが、周りは一気に沸き立ったのにそんなのがどうでも良くなるくらいの満足感でいっぱいでした。
彼が鈴鹿でチャンピオンに値するドライバーだということを示してくれてとても嬉しいです。
ホント良いレースを見たなあ。

あ、トヨタに関しては特に言う事なしです。
ヤルノの今週末は最初からダメっぽかったし、ラルフも3ストップで表彰台狙ってくる事は分かってましたが、SCが入ったことでマージンが消えてダメになった事は分かりきってたので。

Chinese GP Final

・・・ちょっと星に帰ってました。
イヤ、兄がね・・まさか最後の最後で自分から華々しく散りに行っただなんて。
兄さん、ちゃんとチームに謝りましょう。
(そして来期はすんばらしい車を作ってもらうのよ・・・)

FIAから怒られちゃった。
怒られるだけで済んで良かったね。(まあ、ペナ与えようにもシーズン終わったし、結果剥奪しようにも取れるものが何も無いしね)

と、まさしくMam Mamia!だったんですが、レースでモン太が消えた瞬間決まったのはルノーのコンストだけじゃなかったんですね。
兄、ドライバーズランキング3位。
本人たちは1位以外3位なんかあって無いようなもんなんでしょうが、このメタクソなシーズン終了後に3位だなんて腐っても兄。
来年はホント、フェラーリに復活してきて欲しいものです。


なんて、兄ばっかり書いてますが、実はレース終わって一番ジーンと来てたのはルノーのコンスト・・・というより、プレカンでのナノのスッキリとした表情でした。(地上波だったんで僅かしか見れてませんが)
フィジコの押さえもあって、2度のSC導入で何度もマージンを消されつつも去年の兄を彷彿とさせるような堂々とした単独走行で、まさに今年のチャンピオンに相応しい結果で今シーズンの幕を閉じてくれました。
We are the Champion〜♪には思わず笑いましたが(以前、ルノーの公式で"歌がもっと上手くなりたいって言ってました)(ケニア合宿にカラオケトレーニングも入れてあげてください)。
来年はもっと兄とナノとキミの三つ巴バトルが見れるといいなあ。

なにはともあれ、ルノーWタイトルおめでとう!
ホントはコンストはマクに獲って欲しかったけど認めるさ!
(フラブを喜ばせるのが癪だったのと、ルノーがコンスト2位なら来年のピットの並びはルノー、フェラーリ、トヨタで美味しいと思ってたので)
きっと日曜の晩はドンチャン騒ぎだったんでしょうねー。
やっぱ最終戦は鈴鹿がいいなあと思ってしまった・・・

鈴鹿ではSCのおかげで表彰台狙い損ねたラルフですが、今回はSCのおかげで見事表彰台に滑り込みましたね。
ワタシのご贔屓のヤルノはやっぱりアイタタな結果でしたが。
2週連続開催じゃ大きな改善はムリよね。
フィーリングが微妙とか色々グチ吐いてますが、オフの間にしっかり飼い慣らしてきて下さいな。
ワインとエンツォ君にばっかりべったりしてるヒマは無くてよ。

ワインにべったりなヤルノ



それにしても、中国GPを最後に3チームも消えちゃいましたね・・・
結局ミナルディの名前も残らなかったし。
寂しい・・・
昨日99年の総集編のビデオをちらっと見てたんですが、ジョーダンが前の方で戦ってたわ。懐かしい。
アロウズが消えた時もあのオレンジがグリッドに並ばなくなったことに寂しさを感じましたが、来年もきっと寂しいなーと一人で呟いてるんでしょうか。
ペーターもポールもズラ親父もみんなお疲れ様!


ワタシ個人は最後の最後で地上波(しかも自分のPCでLTが見れなくなる)という屈辱を味わったシーズンでしたが、みなさんお疲れ様でしたー。


LTが表示できないのでリンクで。
決勝結果
予選結果
▲top